青い風の街

『青い風の街』は、ゼファーが好きなことを好きなように書き散らすサイトです。気楽に読んでいってね!!

カルドセプト リボルト(3DS)の紹介とレビュー、評価

calendar

reload

ニンテンドー3DS用ソフトとして2016年7月7日に発売されたゲーム『カルドセプト リボルト』の紹介、およびレビューです。超簡潔にいうと「もう最高!」なのですが、それだけではあんまりなので、パッと見てやや分かり辛いゲームシステムのすっげぇ簡素な説明と、ゲーム内容の評価を書きたいと思います。

ざっくりと、カルドセプトとはどんなゲームなのか?

すんごく簡潔にカルドセプトを言い表すと

  • カルドセプトは3人~4人対戦が楽しい、考えるゲームです
  • カルドセプトはカードゲームとボードゲームの融合です
  • カルドセプトは運と実力の兼ね合いが程よいゲームです
  • カルドセプト最高!

さて正解はどれでしょう? ……答えは全部です! そうなんです。

こんな人にカルドセプトをおすすめします

  • 作戦を練るのが好きな人
  • ある程度ゲームに時間が割ける人
  • ゲームで遊ぶのが好きな友達がいる人
  • 勝負事が好きな人

だいたいこんな感じです。残念ながら万人向けとは言い難く、少し人を選ぶゲームではあります。

カルドセプトのシステムの簡単な説明

基本はすごろく

カルドセプトの基本は、すごろくです。サイコロを振って出た目の数だけマス目を進み、マップを一周(基本的にぐるぐる回るようにできています)するとお金が貰えます。総資産が目標に達すれば、勝利です。サイコロ運が大事なゲームです。

次に、通行料の説明です。サイコロを振って止まったところを、自分の領地にすることができます。自分の領地に相手が止まったら、決められた通行料を相手から得ることができます。通行料をたくさん貰ってお金を増やせば、勝利に一歩近づくことになります。自分の、そして相手のサイコロの目に一喜一憂することでしょう。

また領地は、それだけで資産となります。領地を増やし、育てていくことで資産がどんどん増えていきます。また勝利に近づくことができます。どの領地を取り、どの領地を育てていくか、先を読む思考力が問われます。

ここまでの説明では、あまりワクワクしない方もいらっしゃるかと思います。大丈夫です。ここからです。次の、大事な大事な「カード」の説明に参りましょう。

カードを使おう

止まったところを自分の領地とする、と言いましたが、それにはカード(手札)が必要です。カードを使って土地の守護者を召喚し、自分の領地とします。そして、相手の領地をカードを使うことで奪うこともできます。逆に相手がカードを使って奪いに来るかもしれませんが、それに対抗するためのカードも存在します。直接相手の邪魔をするカードもあります。使えばお金が貰えるカードもあります。カードの能力は千差万別です。カードを選び、使いこなすことで、勝利はぐっと近づきます。

そのカードは、毎回サイコロを振る前に1枚貰えます。貰える、というと、偶然強いカードをもらえた人が勝つような気がしますね。しかし、カルドセプトのカードはそうではありません。ゲームを始める前に、50枚1組のカードの一揃いを各自で用意します。その中から、毎回サイコロを振る前に1枚カードを引くわけです。50枚のカード、どれを選ぶか、それは自分次第です。うまい組み合わせを考えることで、ゲームを優位に進めることができます。

カルドセプトのカードは、400種類以上あります! 組み合わせの数は……天文学的な数字になります。自分だけの、オリジナルなカードの組み合わせを考えるのがとっても楽しいゲームです。

カルドセプトの個性的なカードたち

ここからは、カルドセプトのウリである、カードをちょっとだけ紹介したいと思います。ネタばれは当記事の望むところではないので、ちょっとだけ。

領地を守り、攻めるクリーチャーカード

まずは、システムの説明でも触れました、自分の領地を占領する守護者となるカードです。「クリーチャー」とい呼びます。例えばこんなやつがいます。

こいつはクリーチャーの中でも攻撃に特化したタイプです。相手の領地を奪う攻撃力に優れています。カード絵の精細さにもご注目ください。携帯用ゲーム機ではもったいないくらいの凄まじい美しさです。カッコイイクリーチャーからかわいいクリーチャーまで、いろいろいますから、眺めているだけでもとっても楽しいです。

戦闘に打ち勝つためのアイテムカード

相手の領地に攻め込むと、戦闘になります。戦闘では「アイテム」カードを使って戦局を優位にすることができます。

アイテムカードも1枚1枚、丁寧に描き込まれています。

様々な効果を持つスペルカード

最後に、毎ラウンド、サイコロを振る前に使うことができる「スペル」カードを紹介します。カルドセプトのカードは「クリーチャー」「アイテム」「スペル」の3種類です。

最後に、とっておきの音楽を少しだけ。

カルドセプト最高!

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




関連記事

おっさんです。静岡在住。 カルドセプト(Culdcept)/新谷 かおるさん/将棋(shogi)/数学(math)/ユーロビート(Eurobeat)/落合 博満さん/伊集院 光さん/どうぶつの森(Animal Crossing) / いぬ・そば・つぶあん派

folder カルドセプト

more...

folder クイズ

more...

folder 雑談

more...

folder お知らせ

more...

folder スポーツ

more...

folder 音楽

more...

folder コンピューターゲーム

more...

folder 麻雀

more...

folder ボードゲーム

more...

folder カードゲーム

more...

folder マンガ

more...

folder プログラミング

more...

folder 買い物

more...

folder 食べ物

more...

folder オフ会

more...

folder 豆知識

more...