青い風の街

『青い風の街』は、ゼファーが好きなことを好きなように書き散らすサイトです。気楽に読んでいってね!!

「ウミガメの島」の紹介とレビュー、評価

calendar

reload

「ウミガメの島」の紹介とレビュー、評価

ボードゲーム「ウミガメの島」の紹介、およびレビューです。すんごく簡潔にまとめると

  • できるだけ多人数で遊ぶのがおすすめ
  • 運の要素が多めのゲーム
  • 子供も遊べるシンプルなゲーム
  • 「ちょっと考えるすごろく」

といった感じです。では、画像を交えて紹介していきましょう。

「ウミガメの島」とは何ぞや?

「ウミガメの島」はサイコロを振るか否かの選択が熱い、進化系すごろくです。プレイヤーはウミガメとなり、サイコロを振って1周21マスの島をぐるぐる回ります。1周ごとにタマゴを産むことができます。タマゴを一番たくさん産んだプレイヤーが勝利となります。

「ウミガメの島」のボード

「ウミガメの島」のボード

サイコロは普通の六面体のサイコロです。

「ウミガメの島」のサイコロ

「ウミガメの島」のサイコロ

自分の番で1個振った後、もう1回振り足すかどうかを選ぶことができます。2個目を振った後は、さらにもうもう1回振り足すかどうかを選択します。最大3個サイコロを振ることができます。ただし!サイコロの目の合計が8以上になってはいけません。8以上になってしまった場合、タマゴを産めるマスから一番遠い場所へ戻ります。「振り出しに戻る」ですね。

サイコロを2回振った場合は出目の合計の2倍、3回振った場合は出目の合計の3倍進めます。サイコロ3個の合計が7の場合(1,2,4など)、21マス一気に進むことができるので、必ずタマゴをゲットすることができます!

ここまでだと、出目(の合計)を見てさらに振り足すかどうかを選ぶ単純なゲームになってしまいます。ですが、ご安心を。ここからが「ウミガメの島」の面白いところです。相手が先に止まっているマスに止まると、相手の上に乗ることができます。

「ウミガメの島」のコマ

「ウミガメの島」のコマ

上に乗ったプレイヤーは、下のプレイヤーの手番のとき、2個目、3個目のサイコロを振る選択を指定することができます。また、下のプレイヤーが動くのと一緒に自分も移動できます。で、ここからが重要なのですが、誰かが誰かの上に乗ったままタマゴを産めるマスを通過した場合、タマゴをもらえるのは一番上の人だけです。下の人たちは1周まわったにもかかわらず、報酬ゼロとなってしまいます。タマゴのマス直前で相手に乗られた時の悔しさといったらもう、たまりません。乗った方のニヤニヤ度もマックスです。

この「相手に乗る」という要素を考えて、2個目、3個目のサイコロを振るかどうかを勘案します。これが無いとつまらないので、できるだけたくさんの人数でプレイしたいところです。5人から7人が最適だと思います(コマが7個しか入っていないので、8人以上同時は無理です)。タマゴを産むときはカードを引き、カードに書いてある数だけタマゴを産みます。このカードがけっこう点数に幅があるので、運の要素は強いです。ガチでギスギス遊ぶというより、サイコロの出目、カードの引きに一喜一憂する、パーティーゲームととらえるのがいいと思います。子供さんとぜひ遊んでみてください。楽しいですよ!

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




関連記事

おっさんです。静岡在住。 カルドセプト(Culdcept)/新谷 かおるさん/将棋(shogi)/数学(math)/ユーロビート(Eurobeat)/落合 博満さん/伊集院 光さん/どうぶつの森(Animal Crossing) / いぬ・そば・つぶあん派

folder カルドセプト

more...

folder クイズ

more...

folder 雑談

more...

folder お知らせ

more...

folder オフ会

more...

folder スポーツ

more...

folder 音楽

more...

folder ボードゲーム

more...

folder カードゲーム

more...

folder コンピューターゲーム

more...

folder 麻雀

more...

folder マンガ

more...

folder 買い物

more...

folder 食べ物

more...

folder 豆知識

more...

folder プログラミング

more...